iFOREXの情報局

iFOREXに関する情報を発信していきます。アイフォ戦士は全員集合!!

2019年のお盆休みはいつからいつ?FXをやりたいけど東京市場は開いてる?

f:id:kokosuki22:20190804092306p:plain

 

2019年のお盆休みと東京市場

f:id:kokosuki22:20190806092647j:plain

今年のお盆休みは8月10日(土)~8月18日(日)で9連休です。

 

ヤッホー!!!

 

その内、東京市場が開いているのは8月13日(火)~8月16日(金)の4日間。

 

8月12日は「山の日」の振り替え休日で東京市場はお休みです。

 

山の日ってなんだ?

f:id:kokosuki22:20190806091119j:plain

2016年に施行された祝日。

 

特に由来とかはないんだとか・・・。

 

お金をジャブジャブ使わせるために祝日を増やした感じかな?

 

そんなんで「山の日」とか作られたんだとしたら、山も迷惑かもしれないな(笑)。

 

とは言え、お盆休みが増えるのはいい事だ。

 

お盆休みの相場の特徴

f:id:kokosuki22:20190806092727j:plain

 

 基本的には参加者が比較的少ないので通常時と比較すると閑散相場と言えるでしょう。

 

そして、一部の欧米人はこの時期に20日程度の夏休みを取ります。

 

ですが、年末年始と違って、世界各国の銀行は営業しているので、年末年始と比べるとある程度活発に為替相場は動くイメージがあります。

 

この時期に休みが取れない銀行の多くは、時期をずらして大型連休を取ると言われています。

 

レバレッジ25倍ではなく、レバレッジ400倍の海外口座がおすすめ

f:id:kokosuki22:20190802183633p:plain

国内のFX業者はレバレッジが25倍に制限されています。

 

ですが、海外に本社を置く"iFOREX"ならよりアクティブなトレードが可能です。

 

最大レバレッジは400倍、さらにロスカット維持率も0%以下なので、口座残高が0円以下になるまでロスカットされません。

 

また、iFOREXは"ゼロカットシステム"を採用しており、口座残高がマイナスになった場合も追証は発生しません。

 

マイナス分は全額iFOREXが負担してくれます。

 

f:id:kokosuki22:20190804170108p:plain

 

新規口座開設者には入金ボーナスもプレゼント中です。

 

入金ボーナスについては人気ユーチューバーの"Sai"さんが動画内で解説しています。

 

www.youtube.com

 

f:id:kokosuki22:20190417115214p:plainf:id:kokosuki22:20190417121133p:plain

 

2019年お盆相場の見どころ

f:id:kokosuki22:20190806093155p:plain

2019年のお盆相場は8月12日(月)~8月16日(金)。

 

8月12日(月)は「山の日」の振り替え休日で東京市場はお休みですが、それ以外、NY市場、欧州市場は普通に開いています。

 

先ほど、お盆休み期間中は"薄商い"と説明しましたが、年末年始ほどではありません。

 

東京市場はともかく、NY市場、欧州市場では普通に動くことも予想されますので、東京市場を避けてトレードを行えば問題ないでしょう。

 

そんなお盆期間中の重要指標を見ていきたいと思います。

 

8月13日(火)

 

17時30分 イギリス指標

  • 7月 失業保険申請件数
  • 7月 失業率

f:id:kokosuki22:20190804163824p:plain

コンセンサス=予想

 

ここ最近の失業率は非常に低い数字で安定しており、指標発表時の相場の変動もほとんどありません。

 

ポンドの現在のトレンドは下落トレンドです。

 

市場予想より非常にいい数字が出ても売り場を提供するだけ。

 

市場予想より非常に悪い数字が出れば更なる下落が予想されます。

 

8月13日(火)

 

21時30分 アメリカ指標

  • 7月消費者物価指数(CPI) [前月比・前年比]
  • 7月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比・前年同月比] 

消費者物価指数(CPI)

前月、または前年に比べて商品の値段が何パーセント表す指標になります。

インフレ傾向にあるのかデフレ傾向にあるのかを判断する材料になります。

 

アメリカの2019年のインフレ目標は2%です。

 

このインフレ目標は毎年1月にFRB(連邦準備理事会)が発表(修正)します。

 

8月14日(水)

 

17時30分 イギリス指標

  • 7月 消費者物価指数(CPI) [前月比・前年同月比]
  • 7月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]
  • 7月 小売物価指数(RPI) [前月比・前年同月比]
  • 7月 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) [前年同月比]

イギリスのインフレ目標は2.0%±1.0%=1.0%~3.0%。

 

f:id:kokosuki22:20190804165313p:plain

これらの指標もここ最近は非常に安定しており、大きく相場を動かす可能性は低いと言える。

 

もし仮に、思ったよりも良好な結果だったとしても、ポンドは戻り売りが賢明と言えるだろう。

 

8月15日(木)

 

21時30分 アメリカ指標

  • 7月 小売売上高 [前月比]
  • 7月 小売売上高(除自動車) [前月比]

小売売上高

小売売上高はスーパーや百貨店、コンビニなどの小売業の売上高が先月に比べて伸びたどうかを確認する指標。

 

実体経済がより具体的に数字化される指標なので、この指標で景気の良し悪しが見える。

 

また、小売売上高(除自動車)の指標の方が重要視される。

 

除自動車の指標の方を重要視する理由としては、自動車の売上高は金額が大きく、また、販売店のセールなど実体経済の景気の良し悪しとは全く関係がない数字が絡んでしまう為。

 

f:id:kokosuki22:20190417115214p:plainf:id:kokosuki22:20190417121133p:plain